読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミイラ取りがミイラになる

制服リフレ嬢の戯言

居候の話

 

 

今なぜか友達の家で暮らしています。

 

夢だった自分の酒屋を開き夜働くお父さん、

親が学費を出せなくて風俗で働きつつ専門学校に通う友達、

夜誰もいない家で姉の帰りを待つ小学生の弟。

 

そして、DV気味な夫に耐えかね出て行ったお母さん。

 

 

 

 

なぜかわたしが召喚されわたしが弟の面倒を見ることになってしまった。

 

いや、そこまでは全然いい。むしろ学校から家が近くなって嬉しい。

 

 

問題は家が衛生的でないこと。

  • 衣類がその辺に投げられているため、どれが洗濯済みかわからない。
  • 野良猫を拾って来がしつけができず糞尿の管理が行き届かない、というか世話も途中で飽き不衛生。
  • 飲み終わったペットボトルは放置。
  • 食物の衛生的な管理方法を家族誰一人として知らないため基本常温放置。
  • 物で溢れかえっているため、物を探そうにも一度なくすと見つからない。

 

 

 

など。

ここまでひどいとどこから手をつけたらいいかわからない。

猫がいなければなんとかなったが(ていうかウサギもいるし...)、そもそも家族になんとかする気がないため不可能であろう。

 

 

正直、よくこれで生きていけるなと思う。

 

 

なんとかうまくごまかして出て行くしかない。